« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月28日 (火)

MAAAAD①ジャマイカの物価

MAAAADなもの①→ジャマイカの物価。あんまりジャマイカのリアリティーを書きすぎると、ワクワク楽しみ~でジャマイカに来る人たちを、残念な気持ちにしちゃうんじゃないかと心配。けど、本気でジャマイカの物価はマッドの一言。この国の物価は、外国人観光客もびっくり、もちろんジャマイカのローカルな人たち、そして私を大いに含む在ジャマ外国人サバイバル組の首もがっちり締め付けている。同時に、物価の変動など関係なく、お金を使うことに楽しさを見出し、か、もしかしたら(←飽くまで予想だから想像がつかん。笑)お金は手段なだけで、なんとも思っていない、お金で全て解決できる超リッチ層が、ごく一部にいるのも、またジャマイカの現状。

私がジャマイカに来た13年前に比べると、例えば当時J$20で5本買えた煙草は、今やJ$25で一本。当時J$45で買えた食パンは、今はJ$150。そしてなんと消費税は16.5%!ギャングスタガバメント!バビロンやりたい放題!この10年でミドルクラスが一気に増え(というか、無理して借金まみれになってでも、喰らいついてでもミドルクラスにならなくては、社会に見放され、食いっぱぐれる現実が待ってるため・・・)、格差社会というより、一部のリッチジャマ人と、守られた在ジャマ外国人(衣食住が保障された)以外には、IT NUH EASY AT ALL AT ALL AT ALLあとーるあとーるな現実。お金を出して、質が良いものを手に入れられれば、まだいいけれど、野菜を買っても3分の1は、食べられない葉っぱがついてきたり、パスタを買っても小さな虫がごそごそ、なんてことも。IT NUH FAIR AT ALL AT ALL AT ALLあとーるあとーる。。。   

スーパーで、ちょっとした買い物のつもりが、莫大な値段になったレジで愕然としつつ、私は、つい一般ジャメーカンの生活のことを考えちゃう。例えば、一般ジャメーカンのある女性、子供が3人いたとする。3人の子供のお父さん(ベービファーザー)は、全員違う男。ベービファーザーは、気が向いたときにはサポートしてくれるけど、一切頼りにならないから、彼女は、自分の母親に3人の子供を任せて、ヘルパー(家政婦)の仕事をしに、丘の上のリッチなおうちへ出かける。朝5時、3人の子供たちをおばあちゃんに任せて、バスを乗り換え、丘の上のリッチマンの家へ。掃除、洗濯、食事作り、アイロンがけ、その家の子供が学校から帰ってきたら宿題を見てあげ、おやつを出し、時には習い事へも連れて行く。5時に仕事を終え、歩いて丘を下り、バスを乗り継いで家に戻る。ヘトヘトになって、また次の日の繰り返し。給料日の金曜日にもらえる週給は、よくてもJ$5000(7000円)くらいだろう。ここから、自分と母親と3人の子供たちの食費、制服、学費、ランチ代、衣料費、家賃、光熱費などなど生活費のすべてを切り盛りする。どうやんの?どうやれっていうの?こんなに食材やら、文房具やら、学費やらなんでも高いのに!!5時を過ぎたバスの窓から、遠くを見ている一般ジャメーカンなおばさんを見かけると、私も強く生きるかんね、あんたががんばってんの、私は知ってるよー、がんばれがんばれー!と心の中で思わずにいられない。到底フェアじゃない、この‘Rich get richer,poor get poorer.’‘Seems like nobody nuh care bout nobody but dem own self.’なシステム、辛いな、悲しいな。私も、過去に子供が小さくて、仕事が大忙しの時にはヘルパーさんに来て、手伝ってもらっていた。今まで来たヘルパーさん全員、家族、男、子供、生活、健康、それぞれにディープすぎる問題を抱えてた。(←これに同情的になりすぎて、日本人はヘルパーさんに失敗することが多いのも、オチ。冷たくできる方がすごいと思うけど、クラス社会で生きてきたジャマイカ人リッチ層は、決して優しくしすぎない、境界線を越えない。)

男に絶望した女たちは、日曜になると教会に行き「いつかはすべて良くなる、神のご加護あり~」と祈り、何も知らない男たちは、夢とロマンを求めてバーと競馬に通う、というのは、ジャマイカ人がよく言う笑い話のような現実。もっとディープに掘り下げると、「お父さん不在」で育てられた男たちは、「母」が必死にサバイブしながら自分を育て上げる姿を見て「母」を大尊敬するが、「父」の役割を果たす男の姿を見たことがないので、大きくなって子供は作っても、「父」になる術を知らない、そして、また悪循環の繰り返し、とも言われる。皆が皆そうなわけじゃない、でも多くのジャマイカ人がこういう状況にあるのは、現実。

・・・ってここまで書いて、脱線しすぎて、物価がMAAAADにどう戻して、つなげようかと。。。苦笑。とりあえず、物価よ、システムよ、これ以上苦しめてくれるな、と。衣食住、教育は生きるために不可欠なもの。収入は上がらないのに、むやみやたらに物価だけあげてくのは、「死ね」って言ってるようなものだと思う。物価に怒ってたので、ちょこっと書くつもりが、いつの間にか、こんな長文駄文になってた。にも関わらず、読んでくれた人がいたら、Give thanks for your time.1LOVE!

| | コメント (9)

2008年10月25日 (土)

ユルユル

土曜の朝。今日は曇り。義母を送りがてら、食材ゲットを狙いつつ、田舎に行ってきます~。私のゆるきゃらである夫の弟(←高校教師なのにゆっるゆる~)に会えるのがすっごく楽しみ。夫の家族は私の心のオアシス~♪田舎のジャマイカンはキングストニアンとは、ゆるさ加減が違って和む、癒される。笑

Image166次女7歳の描いたゆるきゃら。ちょっと怖い・・・。帽子がマッドだな。(クマたん見てる?笑)

| | コメント (3)

2008年10月24日 (金)

超私的

超私的、つまりお時間のない人にはどうでもいいであろう私のジャパンネタが多すぎの、9Image104 月後半の日記をUPしました。自分であとから見て、あ~こんなことしてたのか、って思い出すためだけにも役立つこの日記なんでNuh watch nutt'n nuh?笑 おまけに我が家のシェフ画像付き~→。

| | コメント (0)

2008年10月21日 (火)

よか福岡UP

Image143 Image133_2 Image126 楽しかった福岡滞在をUPしました。お暇なら見てね。(9/19~21)

←左:ショーの後に行った大名にある'幸’っていうモツ鍋屋のモツ鍋。出汁がさ~っぱりで、コラーゲンた~っぷりで最高!生まれて初めてこんな旨いの食べた~。イアンマンとパブロマンは、出汁とキャベツとニラだけの専用モツ無し鍋。。。味気ね~。

| | コメント (0)

2008年10月20日 (月)

懐かしい味

P1080468_2田舎に行ったら早速収穫あり!→日本にいて一番懐かしかった、ジャマイカの田舎で採れるグレープフルーツ。酸っぱさと甘さが体の芯に沁みてく!緑色のはバナナじゃないよ、プランテン。熟れて黄色になったら、皮むいてスライスして揚げると、お菓子みたいに甘い。

P1080467_3←今朝のうちの朝ごはん。庭の木から採れたアキーはソルトフィッシュ無しでも全然OK。ガーリックとソテーにして、ブレッドフルーツと一緒に。ブレッドフルーツは‘パンの実’と呼ばれるだけあって、食感がパンそのもの。朝から裏庭で炭焚いてブレッドフルーツをローストしたよ。ホクホク感と一緒に炭の香りがふわ~っと漂うの。裏庭でゴソゴソやるのって、ジャマイカの休日の醍醐味。早速~。

ジュースはサワサップ。庭の木に3つも生ってたので、大量にジュースを作る夫イアンマン。夫マンが作るサワサップジュース、ライムがきいててサッパリ味、最強~。「妻が作った味噌汁じゃないと僕~」みたいな男並に、「夫が作ったサワサップジュースじゃないと私~」な私。

アキーについてもっと詳しく知りたい!→アキー@ABロード
サワサップについてもっと詳しく知りたい!→サワサップ@ABロード

P1080470手前、オスのジャンボ君、奥、メスのゾーイちゃん。ご主人様が帰ってきて一安心の巻。犬って本当にすごいね。絶対忘れないんだね。感動した。けな気過ぎて、絶対裏切れないと思った。子供もそうだけど、犬にも学ぶことって、ぷれんてぃー!

| | コメント (2)

2008年10月19日 (日)

民族大移動完了!

ブログ放置し~っぱなしのまま、怒涛のパッキングを終え、無事民族大移動完了、祝(!?)着ジャマイカ!帰ってきたよ~。みであー。暑ぅ~!

いつからかジャマイカに戻ってくると「興奮」や「期待」とはほど遠い、「安心」と「懐かしさ」に近いフィーリングを持つようになった。きっと「期間限定」でジャマイカに滞在するのとは違って、私にとってジャマイカが完全に‘現実’で‘日常’、まさに‘ホーム’に近いところになったからだろうな。「期間限定」でジャマイカに来ると興奮すると思う。期待でいっぱいだと思う。でもそれを通り越して、久々に触れる、私にとってのジャマイカは、やっぱり懐かしさでい~っぱい。空港から家に戻る道、ラジオから流れるレゲエを聴きながら、左にウィンカー出しながら(!)道に入ってくる高級車レクサス、対向車が来てるのに追い越しをしようとするトラックを見かけて、「馬鹿な子ほどかわいい」、「嫌いは好きの始まり」って言葉がつい頭をよぎる。笑

Back to reality!またジャマイカにもまれてがんばるんばー。家に戻ったら犬たちの喜びようがハンパない!ごめんよ~待たせたな。家&犬管理をしていてくれてた義母に大感謝。もどってきたらいきなり冷蔵庫壊れてて、早速プロブレム、一難きた~!やっつけていくよ、ひとつずつ。笑

日本で会って語りあえた多くの友だち、今回初めてお友だちになったbrethrenにsistren、本当にどうもありがとう。周りの人あっての自分だな、と実感。心許せる人たちとの出会いが私の財産。ありがとよ~!そしてこれからもよろしゅう。チラ見もいいが、コメントも時々よろしゅうな。そしてそして、会えずじまいになったお友だち、本当にごめんご。

逆に「期間限定」で興奮しまくった食い倒れた日本滞在中のブログも、ちょくちょくUPするので、また報告します。ピース。

それにしても、ジャマイカって30過ぎた私にでも、街行く男が「プリティーガール♪」っ呼んでくれるの、「Hello!」程度の気持ちとは分かっていても、嬉しいものね~。やめらんねー。笑

| | コメント (9)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »