« 琥珀職人 | トップページ | Bring Back The Dayz »

2007年3月18日 (日)

SoundQuakeよりお知らせ

P1050466近年、世界中でレゲエのレコードの売り上げが落ちていってる最大の原因は、家庭でもDJでも、CDを使ってプレイする人が圧倒的に増えた事。音楽でハッスルしようというヤカラが経営するサイトから曲を買って落としてきて焼いたり、更にはその曲を自分のMix CDに入れて売ってまたそいつがハッスルする図。犯罪、非常識、なのにこのご時世ではそれが「常識」みたいに横行してる。いかーん!Internet business a really mash up whole music business!ってプロデューサー達の一言を一日何回耳にするんだろう。プロデューサーが大金をかけて作った曲でぜーーんぜん関係無いどこかのアホが金を儲けてる。いかんでしょ、どー考えても。

んで!ヨーロッパで最大級のレコードディストリビューターであるSoundQuake(www.soundquake.com)は、5月よりレゲエ・ダンスホールダウンロードミュージックショップサイトを始めます。ジャマイカでがんばってるプロデューサー達にちゃんとお金が入る仕組み。ハンブルグにある一流デジタル配信会社Finetunesとのコラボでmp3(320kpbs!)であらゆるレゲエ・ダンスホールの過去・現在の作品をUPしていく予定です。既に大手のレーベルのプロデューサー達も「これこそ残された俺達のサバイバル方法!」と皆とぉっても好感触で、カタログはこれから増え続けていくこと間違いなし。今までなかなか再発されなかった過去の作品なども簡単に手に入るようになるし、今までレゲエのレコードには手を出さなかった人たちにもデジタル配信によって、よりいい音楽に出会える機会ができるし、そしてプロデューサーにちゃんとお金が入るし(←しつこいけど!笑)、こりゃーイイヤ。

今のところヨーロッパ系言語4ヶ国語と英語でのみで構築中、後に日本語サイトもオープンの予定。よろしく!(←レコード買い付け稼業のうちとしてはSave the vinyl!がモットーだけどさ。)それから、もちろんこれからも変わらず、ジャマイカ産レコードも同じSoundQuakeのショップサイトで配給されていくので、アナログマニア、引き続きごちゅーごちゅー。

またデジタル配信に興味のあるプロデューサーの方は、メールにてご連絡ください。SoundQuakeのサイトのリラウンチは5月頃を予定してます。

P1050439コンスタントスプリングロードに出来たWhiteboneっていうレストランにて、ドイツ勢と最後の晩餐。SoundQuakeはサウンドもやってるので、今回も上質ダブ上手にたーっぷり録ってってた。いやー日本人ソンマン、まじダブにお金払いすぎ。「外人値段」じゃないね、アーティストの間で「日本人値段」が設定されてる、絶対。交渉できないんだったら誰かに任せるか、録るのやめた方が賢明~。

|

« 琥珀職人 | トップページ | Bring Back The Dayz »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 琥珀職人 | トップページ | Bring Back The Dayz »