« デトックス1日目 | トップページ | レコード出荷 »

2006年11月16日 (木)

デトックス2日目

P1030871解毒二日目。グリーンジュース(昨日の画像参照)を朝から1時間ごとに飲み続けること4リットル!そして夜はご飯無しで、煮魚とこの量の野菜を食べろとの指示だったので、その通りに夫が作ってくれた。うめーうめー、絶食後にこの優しい柔らかい味いいぞよー。

絶食中は頭痛がして(←これは汚い細胞が体から離れて行ってる証拠、しょうがない。)おなかがすいて辛かったけど、たどり着くのがこのSTEAM FISHだったとは、悪くないな。笑

とにかく体が軽くなった!今日で絶食は終わり、はふー。明日からは生野菜70%+調理したもの30%っていう食生活へ。ちなみにこの先生は血液型によって、それぞれの体に合った食べ物を教えてくれる。すぐに、「じゃ、はいお薬」っていうMedicalな医者と違って、体全体、仕事、睡眠パターン、ライフスタイル、食生活、色々な話をしてその人に合った自然療法を教えてくれる。とぉってもためになった。っというか、まだまだ続く。3ヶ月プログラムなので!

|

« デトックス1日目 | トップページ | レコード出荷 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/40673/4260196

この記事へのトラックバック一覧です: デトックス2日目:

» デトックスの歴史とその効果 [デトックスナビ]
紀元前からあるインド古来の医学であるアーユルヴェーダ、中国医学などでは昔から体の毒素を排出することについて重要視されていました。 仏教の普及している国では、もともとは主に「断食」が僧侶の修行の一部としてのデトックスが存在します。またそれと同時に人間の自然治癒力や能力開発の向上、美容においても高い効果を得ていたと考えられています。 西洋医学でも便秘など毒素を体の中に溜め込むことは腸内運動をさまたげ、それが肌の老化やダイエ... [続きを読む]

受信: 2006年12月 6日 (水) 06時16分

« デトックス1日目 | トップページ | レコード出荷 »