« オチからキングストンへ | トップページ | 鍵多すぎっ子 »

2006年5月 1日 (月)

Sir Coxson

P1010150_1 時が経つのは本当に早いもの、Coxsonが亡くなってもう2年だなんて。突然の知らせにあの時は本当に驚いた。スタジオ1のある通りの名前が‘Studio 1 Boulverd’に変わり、新聞でも、コクソンさんが、Studio1 Boulverdと書かれた真新しい緑の標識の前に、笑顔で立ってる姿を大きく載せてた。そのすぐ後、突然に起きた死だったので皆が驚き、ラジオでは彼の名曲が流れ続けた。

スタ1にレコードを買いに行くと、本当にコクソンさんがレコを売ってる事が、最初はとても不思議だった。(それも彼が手書きでレシートとかも書いてて!)毎週レコードをピックする為にスタ1に行く度に顔を合わせて、挨拶と世間話を重ねていくうちに、なんか、数々の名曲を生み出した生きる伝説がこの人!!という存在から、だんだん「レコ屋の顔なじみのおじさん」っぽい存在に私にとってなってた。笑  

P1010154木曜日に2周忌の集まりがあるそうでお知らせをくれた。(Coxsonの奥さんが、「子供達も連れてきな。」って、子供に対するこの気楽な優しさ、好きよージャマイカ。)この集まりは、相当内容が固そうで「少しライブ」とかの様子が無さそうな感じだけど、時間があったら寄ってみようと思う。

|

« オチからキングストンへ | トップページ | 鍵多すぎっ子 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/40673/1655634

この記事へのトラックバック一覧です: Sir Coxson:

« オチからキングストンへ | トップページ | 鍵多すぎっ子 »