« オチョリオス | トップページ | Sir Coxson »

2006年4月30日 (日)

オチからキングストンへ

親が夜遊びして帰ってきても子供が起きる時間は変わらない。お泊りさせてもらった友達の家で子供が一斉に7時半きっかりに起きやがった!自動的に親全員起こされて、一日だらだら~っと始まり~。

P1010102 お天気があまり良くなかったけど、お昼食べるついでにプール付きのレストランに行く事に決定。あ~観光客気分!お天気も突然回復してるし! ここは、ビーチサイドの屋外レストランの真ん中にプールとバーがある。今日の私達みたいに疲れまくってる親にとっては超最適スポット。お食事さえせすれば入場料は要らないし、ご飯食べておしゃべりしながら、狂っP1010103たようにウォータースライドを滑り続ける大喜びな子供達見てればいいだけだから、超手抜き子供エンターテーメント。アワアワお湯ジャグジーもあって私はそこに入り浸り。笑

キングストンへの帰途、丘の上の上にあるヒューちゃんの実家に寄って、P1010127 レモングラスを刈り取って(お茶にするとすごく美味しい。足浴も気持ちい!)、今日採れた巨大かぼちゃとプランタン(バナナの大きい版。揚げるとお菓子のように甘い。)とカラルー(ちょっと苦いジャマイカのほうれん草みたいな野菜)をお義母さんから大量に持たされた。今早速、かぼちゃと高野豆腐、明日のお弁当の為に煮てるさ~。
P1010131 

また子犬が産まれてた。ジャマイカ人同様、犬も少子化知らずだね、ほんと。笑

           
P1010139P1010148 画像左、 夫の実家のある丘で日が暮れる様子。画像右、戻ってきたキングストンの夜景。明かりが本当に増えたな~。ジャマイカの道路のオレンジの控えめな明るさの電灯大好き。上から見るととぉってもキレイ。

|

« オチョリオス | トップページ | Sir Coxson »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/40673/1635600

この記事へのトラックバック一覧です: オチからキングストンへ:

« オチョリオス | トップページ | Sir Coxson »