« Vibes jus cool and easy. | トップページ | Sound sweet! »

2006年4月25日 (火)

LOCKS

P1010014_1アフロジャパニーズの子供を持つと増える仕事の一つに、「髪のケア」がある。(その他にも、「シスター調に首を廻して口答えに対応」とか色々あるんだけど!)私が知ってる日本人とジャマイカンのMIXの子供達は、それぞれ皆髪質が異なる。でも共通するのは、どの髪も殆どの場合が放っておくとすぐに、‘KNOT UP’してしまうこと。  KNOT UPとは、簡単に言うと髪が勝手にくっついていって自然にドレッドになってしまうこと。そうならないように普段は洗ったらすぐにくしで梳かして分けて結んでおく。うちの次女(5歳)の髪は、上の子よりももずっとカーリーでこの髪とかし作業が拷問に近いくらい痛いみたいでいつも泣いてた。

考えてみたら本当に変。髪はよじれていきたがってるのに、それを色んな薬を使ったりして何とかまっすぐしようとしたりするのって。だし、私の目には、あの変なかつらとか、つるっぱげとか、付け毛とか、不自然な直毛(風に絶対になびかない)ってどう見ても変だし、第一その人の「顔」がちゃんと見えない。ドレッドにしてやっと自然なその人らしさが出た顔になる人たくさんいる。P1010016_2(前に、ELEPHANT MANが、「いや、かつらだって自分の金で買ったら自分の髪だ!」って主張してたの思い出した。それも一理有だけどね。笑)

最近キングストンの街にはオッシャレ~なドレッドの女性がすごーく増えた。オフィススーツにキレイに分けられたドレッドをしてる人もたくさんいP1000857_3る。人気のサロンは‘Sista Locks’(芸術作品ってくらい髪をものすごい細くよっていく。街でSista Locksのロックスの人は一目で分かるくらいキレイ)というものすごい細かいロックスをする所と、ボブの家、ボブマーリー博物館の敷地内にある‘Jus Natural’っていう2ヶ所。

一年前くらいから次女には、 「ドレッドにしたい」ってせがまれてて、やっぱジャマイカでドレッドってのは、まだまだ職業についたりするのに影響したり、偏見があるところにはあるので親としては迷ったけど、アホな価値観を気にしててもしょうがないし、親父もドレッドで、「ダメ」っていう意味もわからんし、結局ドレッドならいつでも洗えて逆に清潔だし、OK出して、うちの次女2ヶ月前からルンルンドレッドデビュー。今1ヶ月ごとにボブ博物館に通って、分けてよじったドレッドをかぎ針で伸びた分だけまた根元に編みこみに通ってる。今日も1ヶ月経ったので行ってきた。サロンにいたキレ~なドレッドのアフリカンクィーンオーラでいっぱいのお姉ちゃん達に、「5歳でロックスにしたいなんて、賢すぎる!」ってほめられまくって次女も満足気に頭フリまくってた。むむ、・・・それにしてもロナウジーニョに似すぎ!笑 Be natural!         

|

« Vibes jus cool and easy. | トップページ | Sound sweet! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/40673/1554402

この記事へのトラックバック一覧です: LOCKS:

« Vibes jus cool and easy. | トップページ | Sound sweet! »