« LUCI! | トップページ | 間違い電話 »

2006年3月23日 (木)

セキュリティーとガン

P1000787やっぱりジャマイカもいいのぉ~、roots rockin' island~、ラジオを聴きながら、お天気もいいし、揺れながら~。少し元気も復活の巻~。朝ごはんを食べてたら台所に鳥が入ってきてタイルに落っこちてるパンのくずを食べに来た、床掃除おつかれー。タイルの上で時々スライドしててすんごいCUTE。あー!ボブの、three little birds reach out my door step~ってこんな感じだったのかな、一羽だけど。でもなんかステキな気持ちになった。

某レーベル会社。結構大きな建物を構えていて、電動のゲート付き。昼間は大きな柵のついた(っていうか檻)に入れられた4匹のロットワイラー犬を、夜になると、変な奴が入って来ないようにどーんっ、と敷地内に放す。で、昨夜、夜中にその辺りで停電があったらしくって電気が戻ってきた時に、なんと電動ゲートが開いてしまった!で、4匹のロットワイラー公道へ!!!で、その瞬間に、外の通りを歩いてた人めがけて、一匹のロットワイラーがダッシュで向かって行って、その人の足に喰らいついて、噛み付いて離れなかったんだと。で、もう一人、後ろから来た人がでっかい石を持ってきて、(ジャマイカンってケンカでもすぐ石とか探す動作するなぁ。なんかとりあえず投げるもんね~か~?って感じで!)その犬に見つからないように隠れた所から(!)、犬の頭に向かって思いっきり投げたら、犬が一瞬ふらついて、目がトロロ~ンっとなって、噛み付いた口を緩めたと思ったら、そのまんまの目で、またそのおっさんにふらふら向かってきたんだと。こわ~~~~!!むちゃくちゃ怖いんですけど、私この話。今日一番ツボに来た。トロロンの目で向かってくる犬ってさいこー怖~~!(←2回目!?笑) で、色んな車がそのゲートの周りに止まってその一台にすぐ乗り込んで即病院行ったらしいです。いやーこの人絶対、夜道と犬恐怖症になってると思うな。

P1000086_1うちもロットワイラーが2匹セキュリティ代わりにいる。オスとメス。ジャンボとゾーイ。巨体にも関わらず、うちの裏庭の2M以上ある塀も登ってパトロール。何か一瞬でも変な様子があると、ギャグぐらいの速さで、そっこー走って様子を見に行く。いい仕事してるぞわんこ。車を庭に入れるのに、車から降りてゲートを開けて車に戻る瞬間に、ガンを突きつけられたりする事も最近は増えてるから、彼らが出迎えてくれるととっても安心。この1ヶ月だけで、知り合い3人が車盗まれた。一人は、家のゲートに入れる瞬間にガン突きつけられて、そのまんま車盗まれた。一人は、子供と出かける時に、家のゲートから出た瞬間にガン突きつけられて、中に子供がいたので子供だけ出したいってお願いして、車から子供出して(ガンマンも中に子供いる方が都合悪いだろうしね。笑)車持ってかれた。もう一人は、駐車して公衆便所を使ってる10分位の間に駐車してたところからすっかり車が失くなってた。

今日寄ったお店でも、おじいさんが「このSweet paradiseはどうなる?ガンマンと死体だらけ。金と欲と妬みだらけ。僕はもう年だからなんとかここで、Low profile(目立たないように、静かに、みたいな感じ)で、残りの人生生きていくしかない。僕が若かったら絶対に娘と妻にこの国には住ませない。Poor Jamaica。」って嘆いてた。もう一人のおばあさんは、「もう新聞に電話番号を載せて、家具を売ったり絶対に出来なくなった。知らない人を家に入れるなんて今はもう絶対に出来ない。」って。で、なんでわざわざ外人が(かわいい外人が!)こんなとこで何してる!ってお説教までかまされた。笑 ジャマイカンって、こういう現実話(もっと詳細なガンの事件とかも)露骨に包み隠さず、子供いる前でもするから、今日も娘たちがこのトークを聞いて、「あー日本に帰って住みたい」って言うから、「んー日本は日本でまた一味違った危なさもあるから、そりゃー比較にならんの。」と言っておいたけど。人生なんてそんなもーん、どこで次の瞬間何があるか分からない、だから元気に楽しく礼儀正しくRUDEに(!)今を生きるしかないのさささ~。笑 一緒にがんばろ~。

毎朝ラジオから流れる、「今朝~で~歳の~がガンショットで死んでいるのが見つかりました」っていうのとニュースと一緒に、一日が始まるのを、ジャマイカに住む誰もが嫌悪してるに違いないと思う。本当に、ゴキブリの死骸のごとく、朝になると死体が見つかる。ガンマンってのは完全に仕事だから、殺しを請け負っていくら、でやる。この前某レーベル会社で、そこのプロデューサーと一緒に話してたら、ガンマンが彼に電話かけてきて、「何かビジネスない?(←つまり殺して欲しい人はいない?)」ってよぉ~~~。営業してるし、ガンマン!ってそこじゃないか・・・。いやー怖い。そのプロデューサーは、「俺はそういうチープな奴じゃない。言いたい事は口で言う!」ってやたら正論ぶつけてたけど、ま、そういう人でも過去は色々あるから、こういう電話とかきて、また嬉しそうに、今の電話ね、とか言って私に話すんだろうしね。でもだいたいこういうガンマン(HIT MAN)を使う人は、何か未払いのお金でもめた人、不当に解雇された(またはそういう気にされた)人、ゲイ同士の嫉妬、単にアパートのセキュリティーが中の住人にしかけた、なんて時もある。

その他、自衛、セキュリティーの為にガンを持ってる人も、ジャマイカにはたくさんいる。ライセンス付きのLegal gunってやつである。私もその話は絶対しないけど、絶対持ってるであろう人は何人か知ってる。うちのご近所でも、先日、前庭に入ってきた人をパンっ!って威嚇した人がいた。近所は黙っているけど、あの人はガンを持ってるのか、と正に暗黙の了解。本当に、命に関わる「いざ」という時の為に持ってるだけで、簡単に人に持ってることを知られたくない人もたくさんいる。だからこういう人は滅多なことじゃなきゃ発砲しない。でないと、またそこにガンがあることがばれて、それを盗りにくる更なるバッドマンの餌食にもなる可能性が出てくるし。(逆にガン持ってるから偉そうにする奴もいる。このSHOW OFFする奴をBWOYだ、ってリリック、ダンスホールでやたら色んな言い回しで批判されてる。武装反対博愛、のはずのラスタマンでもアーティストの中には持ってる人いっぱいいます。売れると妬みや敵も増えるのか?でもガンは持ったら負けです、人殺しマシーンです。男女問わず裸一貫で戦うべし!笑)ただ、Legal gunを持ってる人は、これが無かったらどうなってたかトークとかをされると、確かに、ってとこもあって、いやー本当に難しい、ガントーク!

ちょっと支離滅裂で長くなってしまったけど、またガントークいつかに続く~。あ、でも最後に1つだけ!・・・ちなみにジャマイカには、ハンドメードガンってのもあって、ゲットーとかでものすごい職人芸の様に手作りで強烈なガンを作ってしまう人たちがいる。ね~、なんかその才能、どこか違うところで発揮できたらものすごい創造性だと思うんだけど・・・。とにかくこの小さな島の中で、ものすごいリッチと、失うものが何も無いハスラーとが、うようよしながらも、その間にLOVE!に生きる一般ピープルがたくさんいて、何とか毎日roots rockin' island~。Luv a di only answer!これだけ現実ドロドロだからこそ、ジャマイカ人から生まれる音楽は、あれだけ人をUPLIFTするパワーがあるんだろうなー。アーティストと話していても、本当に常に、この今の現実のジャマイカに住む人に向けてのメッセージ、僕の言いたい事、っての皆持っている。Good music always mek yu listen an tink at di same time!Pure meditation~。

|

« LUCI! | トップページ | 間違い電話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/40673/1156104

この記事へのトラックバック一覧です: セキュリティーとガン:

« LUCI! | トップページ | 間違い電話 »