« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月31日 (金)

Pon de road!

P1000831_1   P1000832               
今日もキングストン俳諧。笑 今週もたくさんニュー出たな。ついに、街でハイプしまくり子供から大人まで大合唱のBadman forward(Fire Links)も出たし、H2O、ICE BURG、Black Chineyとリリース続々。de pon de road!の合間に、発注してたレーベルができあがったとの電話で印刷屋(←画像)をPass by。 これができあがったのでプレス工場にも寄ることに。あれよあれよと一日が過ぎていく。一日48時間くらいあったらちょうどいいなー、良く眠れるんだろうな~、うっとりー。

P1000830 急いでるっていうのに、レコ屋のゲートから出ようと思ったら前の車のおっさんが、こんな余裕ぶっかましてた。ゲート出る前に端によって用済ませてからゲートに行けよ!ってあんまりにそのまんますぎて、つっこめなかったです。時々顔出して、「すんまへん、今、今!」って感じで合図するので待ってあげたけど、結構長い間待たされた、んもうっ。・・・で出てきたらランチボックス5個くらい重ねたのを両手に抱えて出てきた。んーーーもうっ!笑

P1000836 街に止まってた車。おもちゃみたい!CUTE!

今夜はヒューちゃんが北でショーなのでいない。昼間の忙しさの後、良くあの山越え谷越えのドライブで田舎まで行って演奏なんかできるな。想像しただけで疲れるな、それ。笑 娘の熱もあっという間に下がって、久々にゆっくりお香を炊いて、今夜は、読書の巻。昼間の騒がしさが嘘のように今静か。泥パックで今、顔パリパリ! LUV!

                                                   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月30日 (木)

在庫の行方

P1000828

昔刷ったレコードでもう絶対にはけないっていう在庫(Dead tune dem!)が400枚くらいあったので、プレス工場で引き取ってもらった。以前は、だいたいのプレス工場が一枚いくら、で引き取ってくれたのに、今は、ただで引き取ってやるから持ってこい、くらいの態度で驚き。これらのレコードは引き取られた後、もう一度溶かして他のレコードの材料になる。リサイクル~、に少しでもなると思うとゴミ箱に捨てるよりも何かまた他のチューンに生まれ変わると思うと少し捨てる気持ちにも切りが付くもんな。

Sonic Soundsで。右からThrillerレーベルのプロデューサーThriller(いつも配達してくれる!)とSkully&BunnyのSkully、Jam StyleレーベルのプロデューサーHomer Harris(SizzlaのNo Painをプロデュースしたことでも有名。DJのZUMJAYの名づけ親でもある)、で、この最後の左の方、もうかれこれ何年も顔を合わせてて、スタ1のショーとかでも歌ったりしてるのにどうしても名前が思い出せません、お許し!すんごい良い人!(ってこんな説明じゃなくて名前か。笑 いつも「彩!」って呼んでくれるのに、私、YO,YO!しか言えない。苦笑 今更名前なんでしたっけ?って聞けなくていつも困ってる。)Skullyが、「彩、目は見えないけど、フラッシュは感じたよ、カメラ目線だったでしょ?」って。True true!

P1000829ダウンタウン突然の大雨。あのぉ、どうして「排水溝」を道路の脇に作らんの、ジャマイカ?ちょいとの雨でもすぐ道路全体が洪水で川になって、道路の穴が水で隠れて車が痛みまくるんすけどー??雨の中、急いで買いつけに周りまくり、その後、ソッコー、娘を学校に迎えに行ったら熱出してて、OH、NO!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月27日 (月)

MikeyとHeather

なんだかんだとOH!忙し!(オオイソガシ!)なこの頃。今度の4月で、ジャマイカに来て10年目。4月って何か真新しい気持ちになれる。4月を前に、私は今、すっごく新しい気持ちが自分に向かって吹いてて、忙しいのに爽やか~。日本は桜の季節なのね。嗚呼、懐かしい~桜並木とお花見!

それにしても10年、ジャマイカには本当に揉まれたな。いつもこのまま帰ったら負けっしょ(←自分にね、)ってがんばってきたらこんな経ってた、お、恐ろしいぞ、時の流れ。き、貴重な20代が~~!・・・って、20代なんてとっくに過ぎてんだけどさっ!笑 干支が周って12年目って色々と節目らしい。2年で何ができるのか、自分次第~。なめんなよ、ジャマイカ!笑

P1000824_1 先週LUCIANOが来たら、やっぱり彼の一派Mikey GeneralとMilton Blake(Luciのショー、ツアーでは彼らがコーラスをやる。)も今日来ました。トラックの入ったCDを取りに来たはずだったのに、トラックを聞いたら即、Mikey歌い始めてVibe out開始。あ~どうしてこんな風にすぐにキレイなメロディーが出てくるの~?スバラシイ!
(すいません、Milton(←美形)の写真暗くて写って無かった。とほ。)Mikey が以前くれた未リリースの曲ばかりが入ったCD、我が家ではすっごく気に入っててよくかけてる。うちの娘たちも大好きなので、その中の1曲がすごい好き!って娘が挨拶に言ったら、ソッコー歌ってくれて(超うま!)、「さ、寝る時間だよー、Jahに今日一日の感謝をしたら、Have yourself a sweet dream!」って体操のお兄さん並に爽やかなマイキーでした!BLESS!

今日洗車屋でHeather Cummingsに会った。昨夜遅くまで彼女の声をラジオ(IRIE FM)で聞いてたから、番組終えて、オチョリオスから戻って、絶対まだ寝てないはず。寝てないでしょ?って言ったら図星だったみたい、早く帰って寝たいって。でも徹夜明けで洗車に来てるとこがすごい!彼女は、IRIE FMのDJをやりながら、コーラスや自分で歌も歌って、幅広く活躍してる。うちにもコーラスでよく来てもらう。(で、その間彼女の子供を私がベイビーシッターする。ナーサリー付スタジオ。笑)最初に彼女に会ったのは、去年、私の大大大好きなBenji Myazのアルバムラウンチに招待された時に、彼女がコーラスで歌っているのを見て、ショーの後に人を介してお話した時からだった。クールで女らしくて、そして彼女の歌声もまた、クールで女らしくてとっても魅力的な人です。今度の5月には、Diana Kingと日本のブルーノート(東京、大阪、名古屋)に行くそうです。オープニングアクトは彼女(Heather)だそうなので、行かれる方は要チェックです。ダイアナキングもいつか絶対にうちで歌ってもらえたら夢のよう!なアーティストなので、(今はそういうトラック全然持ってないけど。いつか。)ヘザーにも、「ダイアナがもし日本ツアーガイド必要だったら、スーツケースに入ってでも一緒に行くって言ってるジャパニーズがいるって言っといて。」って伝言で刷り込みしておいてもらう約束しました。笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月26日 (日)

ブリンブリン

P1000806_1P1000802  そろそろ街はカーニバルくさくなってきました。ショーウィンドウにもこんなコスチュームが!Bling Blingのガラス、すごいな。笑 買う気ないけど店の人に、これいくらか聞いてみたら、売り物じゃない、そう。つまんね~。じゃ、なんで飾ってんの?意味ね~。とりあえず、もうすぐキングストンの街をこんなのを身にまとった巨体が(あ、キレ~な人も中にはたくさんいる、目を凝らせば。)大勢でうねり歩く季節が来るのね。くわばらくわばら~。

P1000808 P1000810最近マンゴシーズン突入。腹が減ったらマンゴ。隣の家からおすそ分けしてもらったり、配達に来るプロデューサーが持ってきてくれたり、必ずどこかからマンゴが周って来る。うちの木は熟れるまでにもうちょっとかかりそう。うちの近くのDevon Houseのペストリー屋さん(写真左)でお昼にカラルー(ほうれん草みたい)ローフとグァバ&パイナップルジュースを買う。そんなにすっごく美味しいわけじゃないけど、雰囲気がとってもいいので、つい時々ここに来てゆっくり木の下でお昼する。このペストリーショップの迎えにはオッサレ~なレストラン(写真右)もある。

P1000803P1000805 街で出会った物売りの子からずっと欲しかったソーイングなんちゃってセットを買った。するとたちまち色んな子が寄って来たのでパチリ。・・・この香水、「貴婦人 .Expensive Madam」って名前なのに、芳香剤の安っぽーいニオイがする!色もなんか・・・。笑 でも箱結構かわいい。大中に余裕でありそうだな。

んーそれにしても最近、本当に雨が降らなくて嫌ーん。カッラカラ、ホコリだらけ。ざざざーっと降って欲しいな、一発。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年3月24日 (金)

間違い電話

やっと金曜。今日こそはゆっくりスタジオにこもりたい!と、夫は、レコの仕事早めに今日は片付けるぞー!って朝から張り切ってたら、次の瞬間には、田舎でショーのリハーサルに来いとの召集電話。レコ出荷の後、「スタジオにこもろうと思ったのに~、こもりたいのに~」を連発しながら、お泊りセット持って出かけてった。うっひょひょひょぉ~!今日は、UB40の田舎にあるスタジオでリハだそう。ここがと~ってもステキなところ!昔よーく通ってた思い出の場所。(←ひとんちが思いでの場所ってアリなのかな!?)ここから見える海辺と月がすんご~くキレイ。たしかこの風景の曲がUB40にあった。私も行きたかったけど、明日補習校終業式なので、ラジオ聞きながら、通信簿作ったり、プリント貼り合せたり、超地味地味ママ業~。

ジャマイカってやたら間違い電話多い。名乗らずに、誰よ?って聞いてくることもあるし!今日、日中、電話が鳴って、おばさんが、「ミス・ガースはいますか?」っていうから「そういう人は住んでないです。間違い電話ですよ。」って言ったら、そのおばさん、「いや、ミス・ガースに聞こえる。声がそっくり。ミス・ガースでしょ?」って言い張る。本人が違うって言ってるじゃんよ!笑 で、5秒後くらいにまたかかって来て、またかと思って、出たら、「ミス・ガース?今あなたと同じような声の人にかけちゃった。間違えてたみたい~。」って言うから、「ミス、また間違えてます。」ってゆっくりつっこんじゃった。「OH!本当にミス・ガースにそっくり!」ってまた感心してた。で、しょうがないから彼女がかけたい番号聞き出したら、やっぱうちと最後の番号違いでした。初歩的ミス~で、Miss ミス・ガース~。(←ライムしてダジャレ、いい感じ!・・・アホ。)

夫不在で今夜は、ゆ~ったりさ~。これから一人でお茶セットしてDVD観る~。いやーそろそろカーニバルっぽいバイブスになってきてますね、街は。ちょっと気を抜くと、あちこちからワイニーワイニー聞こえてきてちょっと憂鬱の始まり。笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月23日 (木)

セキュリティーとガン

P1000787やっぱりジャマイカもいいのぉ~、roots rockin' island~、ラジオを聴きながら、お天気もいいし、揺れながら~。少し元気も復活の巻~。朝ごはんを食べてたら台所に鳥が入ってきてタイルに落っこちてるパンのくずを食べに来た、床掃除おつかれー。タイルの上で時々スライドしててすんごいCUTE。あー!ボブの、three little birds reach out my door step~ってこんな感じだったのかな、一羽だけど。でもなんかステキな気持ちになった。

某レーベル会社。結構大きな建物を構えていて、電動のゲート付き。昼間は大きな柵のついた(っていうか檻)に入れられた4匹のロットワイラー犬を、夜になると、変な奴が入って来ないようにどーんっ、と敷地内に放す。で、昨夜、夜中にその辺りで停電があったらしくって電気が戻ってきた時に、なんと電動ゲートが開いてしまった!で、4匹のロットワイラー公道へ!!!で、その瞬間に、外の通りを歩いてた人めがけて、一匹のロットワイラーがダッシュで向かって行って、その人の足に喰らいついて、噛み付いて離れなかったんだと。で、もう一人、後ろから来た人がでっかい石を持ってきて、(ジャマイカンってケンカでもすぐ石とか探す動作するなぁ。なんかとりあえず投げるもんね~か~?って感じで!)その犬に見つからないように隠れた所から(!)、犬の頭に向かって思いっきり投げたら、犬が一瞬ふらついて、目がトロロ~ンっとなって、噛み付いた口を緩めたと思ったら、そのまんまの目で、またそのおっさんにふらふら向かってきたんだと。こわ~~~~!!むちゃくちゃ怖いんですけど、私この話。今日一番ツボに来た。トロロンの目で向かってくる犬ってさいこー怖~~!(←2回目!?笑) で、色んな車がそのゲートの周りに止まってその一台にすぐ乗り込んで即病院行ったらしいです。いやーこの人絶対、夜道と犬恐怖症になってると思うな。

P1000086_1うちもロットワイラーが2匹セキュリティ代わりにいる。オスとメス。ジャンボとゾーイ。巨体にも関わらず、うちの裏庭の2M以上ある塀も登ってパトロール。何か一瞬でも変な様子があると、ギャグぐらいの速さで、そっこー走って様子を見に行く。いい仕事してるぞわんこ。車を庭に入れるのに、車から降りてゲートを開けて車に戻る瞬間に、ガンを突きつけられたりする事も最近は増えてるから、彼らが出迎えてくれるととっても安心。この1ヶ月だけで、知り合い3人が車盗まれた。一人は、家のゲートに入れる瞬間にガン突きつけられて、そのまんま車盗まれた。一人は、子供と出かける時に、家のゲートから出た瞬間にガン突きつけられて、中に子供がいたので子供だけ出したいってお願いして、車から子供出して(ガンマンも中に子供いる方が都合悪いだろうしね。笑)車持ってかれた。もう一人は、駐車して公衆便所を使ってる10分位の間に駐車してたところからすっかり車が失くなってた。

今日寄ったお店でも、おじいさんが「このSweet paradiseはどうなる?ガンマンと死体だらけ。金と欲と妬みだらけ。僕はもう年だからなんとかここで、Low profile(目立たないように、静かに、みたいな感じ)で、残りの人生生きていくしかない。僕が若かったら絶対に娘と妻にこの国には住ませない。Poor Jamaica。」って嘆いてた。もう一人のおばあさんは、「もう新聞に電話番号を載せて、家具を売ったり絶対に出来なくなった。知らない人を家に入れるなんて今はもう絶対に出来ない。」って。で、なんでわざわざ外人が(かわいい外人が!)こんなとこで何してる!ってお説教までかまされた。笑 ジャマイカンって、こういう現実話(もっと詳細なガンの事件とかも)露骨に包み隠さず、子供いる前でもするから、今日も娘たちがこのトークを聞いて、「あー日本に帰って住みたい」って言うから、「んー日本は日本でまた一味違った危なさもあるから、そりゃー比較にならんの。」と言っておいたけど。人生なんてそんなもーん、どこで次の瞬間何があるか分からない、だから元気に楽しく礼儀正しくRUDEに(!)今を生きるしかないのさささ~。笑 一緒にがんばろ~。

毎朝ラジオから流れる、「今朝~で~歳の~がガンショットで死んでいるのが見つかりました」っていうのとニュースと一緒に、一日が始まるのを、ジャマイカに住む誰もが嫌悪してるに違いないと思う。本当に、ゴキブリの死骸のごとく、朝になると死体が見つかる。ガンマンってのは完全に仕事だから、殺しを請け負っていくら、でやる。この前某レーベル会社で、そこのプロデューサーと一緒に話してたら、ガンマンが彼に電話かけてきて、「何かビジネスない?(←つまり殺して欲しい人はいない?)」ってよぉ~~~。営業してるし、ガンマン!ってそこじゃないか・・・。いやー怖い。そのプロデューサーは、「俺はそういうチープな奴じゃない。言いたい事は口で言う!」ってやたら正論ぶつけてたけど、ま、そういう人でも過去は色々あるから、こういう電話とかきて、また嬉しそうに、今の電話ね、とか言って私に話すんだろうしね。でもだいたいこういうガンマン(HIT MAN)を使う人は、何か未払いのお金でもめた人、不当に解雇された(またはそういう気にされた)人、ゲイ同士の嫉妬、単にアパートのセキュリティーが中の住人にしかけた、なんて時もある。

その他、自衛、セキュリティーの為にガンを持ってる人も、ジャマイカにはたくさんいる。ライセンス付きのLegal gunってやつである。私もその話は絶対しないけど、絶対持ってるであろう人は何人か知ってる。うちのご近所でも、先日、前庭に入ってきた人をパンっ!って威嚇した人がいた。近所は黙っているけど、あの人はガンを持ってるのか、と正に暗黙の了解。本当に、命に関わる「いざ」という時の為に持ってるだけで、簡単に人に持ってることを知られたくない人もたくさんいる。だからこういう人は滅多なことじゃなきゃ発砲しない。でないと、またそこにガンがあることがばれて、それを盗りにくる更なるバッドマンの餌食にもなる可能性が出てくるし。(逆にガン持ってるから偉そうにする奴もいる。このSHOW OFFする奴をBWOYだ、ってリリック、ダンスホールでやたら色んな言い回しで批判されてる。武装反対博愛、のはずのラスタマンでもアーティストの中には持ってる人いっぱいいます。売れると妬みや敵も増えるのか?でもガンは持ったら負けです、人殺しマシーンです。男女問わず裸一貫で戦うべし!笑)ただ、Legal gunを持ってる人は、これが無かったらどうなってたかトークとかをされると、確かに、ってとこもあって、いやー本当に難しい、ガントーク!

ちょっと支離滅裂で長くなってしまったけど、またガントークいつかに続く~。あ、でも最後に1つだけ!・・・ちなみにジャマイカには、ハンドメードガンってのもあって、ゲットーとかでものすごい職人芸の様に手作りで強烈なガンを作ってしまう人たちがいる。ね~、なんかその才能、どこか違うところで発揮できたらものすごい創造性だと思うんだけど・・・。とにかくこの小さな島の中で、ものすごいリッチと、失うものが何も無いハスラーとが、うようよしながらも、その間にLOVE!に生きる一般ピープルがたくさんいて、何とか毎日roots rockin' island~。Luv a di only answer!これだけ現実ドロドロだからこそ、ジャマイカ人から生まれる音楽は、あれだけ人をUPLIFTするパワーがあるんだろうなー。アーティストと話していても、本当に常に、この今の現実のジャマイカに住む人に向けてのメッセージ、僕の言いたい事、っての皆持っている。Good music always mek yu listen an tink at di same time!Pure meditation~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月22日 (水)

LUCI!

P1000783_1 早速現実に戻るつもりがどーっと疲れがっ。遊びの疲れがっ。(←勝手!?)NYとジャマイカって時差も無いのに、時差ぼけのフリして2度寝。完全ぐーたらモード。午後になって印刷屋にP1000785発注に出かけたら汗びっしょり。あつっ!夕方になったらLUCIANOが!最近このバイクに乗ってる姿よく見かけてたけど、今日もこれで登場。トラックの入ったCDを取りに、スタジオをPass thru。

私がいない間になんと!大好きなNatty KingがPass thruしたらしくって、ずるいよー!を連発の私。(←強欲?)でもNatty Kingすんごい好きなんだもん。いやーかなりCOOL MANみたいだしね、

れーこたちは今日那覇に向けてNYを発ってるはず。長い道のり、遠いな~。飛行機ビールが5ドルだ、って激怒してたな。持ち込むって言ってたな。また飲んでんだろうな。笑

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年3月21日 (火)

Reach yaad!

P1000757P1000755 最後の朝ごはんを琉球友達とホテルで食べて、私はジャマイカへ。夜、着ジャマ。ふぅ~、あつっ。たった5日なのに空港に迎えに来てた子供と夫が照れててかわいい~。(←あほ親、あほ妻) 次の瞬間には、子供がお土産何よ?写真見せてよ!攻撃で色々思い出してきた。笑 すーっかり忘れてたよ、ママだってこと。笑

とりあえず無事に着いてGive thanks。れーことせーこは後一日NYで過ごす。今日はオフブロードウェイのSTOMPに行ってるはず。これも観たかった!れーことせーこと、「毎年NYやろう!」とちょっと本気になった。いや、是非やろう!楽しかったよ~。懸賞あてて本当良かったよねーー!毎年当てろー!笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月20日 (月)

Wilson Pickett

あ~んっ!始まりあるものには終わりが必ず来る!今日がNY最後の日。嫌でも明日にはジャマイカに発って、ママに復活しなきゃいけないのね~。

で、でも!濃厚な一日~またまた。韓国グロッサリーで日本食荒らし。お味噌、たくあん、納豆(日本食3大臭いものグッズ)をゲットしてホテルにそっこー戻って冷蔵庫へ。(←琉球友達よ、旅の情緒乱した?)NYのお友達が仕事の合間に出てきてくれておしゃべりしながら寿司ランチ。す~っごく美味しいお寿司だった!

P1000665P1000682  ツアー(Sex and the cityのね。)を終えた琉球友達れーことせーことMOMAの前で待ち合わせ。Sex and the cityごっこを夢見てた友達としては大満足のツアーだったみたい。ドラマの中に出てくるかわいい色つきマフィンもちゃんとゲットしてきてた。かわいい。笑 MOMAは私は2回目なんだけど、今P1000680P1000687回も笑えるも の、意味わかんないもの(!)もたくさんあって、本当に午後だけでは見切れない、一日いたい程の展示物の量。中にはスピーカーを楕円形に40個置いてスピーカー1つに付き1人の歌声が聞こえて来て、スピーカーに囲まれて真ん中に立つと周りにコーラス隊がいるような気分になる不思議な作品とか、4つのDVDプロジェクターからただ色んな人種のおっさん12人が立ってるのを壁に映し出してるのとか、4年かかってやせたり太ったりしてその度にコスプレ状態で自分の外見を色々と変えて撮った証明写真を4枚ずつ並べた作品(日本人女性の作品だった、これ)とか、いやー人間の想像力ってエンドレス+そこにパッションを感じて物づくりしてる人がいると思うと、こちらもがんがん生命力沸いてくる!あまり時間が無くてゆっくり見れなかったのが本当に残念。やっぱ1ヶ月いたいな。笑 ここのお土産屋がかわいいので、ここで子供たちに本を2冊とかわいい電話帳をゲット。本喜ぶだろうな~、きっと。

P1000701P1000696

Times Squareの大きなトイザラスで子供たちに約束したおもちゃをものすごい速さでゲット。なんかどこもこれでもかー!っていうくらい派手で笑える。マンハッタンに住むってどんな感じなんだろう?って思っちゃう、この夜を見ると。笑 それにしても寒い。寒くて、吸う息が凍ってるみたい。

P1000704P1000741  んで、んでっ!今日のメインイベントぉー!B.B.Kingのライブハウスで今年の1月に亡くなったSOULシンガーのWilson Pickettに捧げるトリビュートのライブがあった。んも~、お食事しながらライブ、なんてゆったりした雰囲気だと思ってたら、もー全然っ!最高に興奮しまくって、盛り上がりまくって帰って来たー、未だ興奮冷めやらずー。心臓バクバク、アドレナリン出まくり。すーんごかった、度肝抜かれやした。熱い!!あ~っつい!Wilson Pickettは、SOUL TRAINにも良く出てた、あの、な~なななな~、ななななな~ななな~ななな~、っての歌ったり、ドリフの早口言葉で、でれんでれんっ、でれんでれんっ、でれっででれで、っで~、生麦生米生卵~(笑 指で踊りもつい付けちゃう!)の人って言えば誰でも知ってると思う。笑 

P1000717 通された席でお食事をしてたら、ステージ前の予約席の団体(Wilson Pickettの家族。)がどーんっ!と入ってきた。こういう時に本当にアメリカの黒人って抜け目無くお洒落だな~ステキ。女性も男性も自分に似合うものを本当に良く知ってる。帽子のかぶり方1つオッサレ~だもんな。見てるだけで本当に心打たれるくらいのかっけーじいちゃんとか見ちゃったし、今日。注文したカキフライがビタビタのコールスローの上に乗って出てきて、カキフライっていったらきゃべつの千切りじゃないか~~!っと少しつっこみ入れた。なんで揚げ物を濡れたサラダの上に置くんだろう、未だ不思議。

P1000724 彼のバックバンドだったメンバーの演奏に乗せて、色んなアーティストが出てきて彼の名曲を披露した。最後にはなんと、私が小さい時から何度聞いたか分からないBen E Kingまで登場して、私も友達もさっきまでの買い物グッズ(友達はTIFFANYとかも!笑)全部床に落っことしたまんまで興奮して踊ってました。笑 帰りに外で写真を撮ってから中に戻ったら、Ben P1000727E Kingがちょうど階段上がってくるところだったんで、なんか興奮しちゃって、なぜか私、もろパトワくさい感じになっちゃって、「あー、ミスターキング、リスペクト、 リスペクト。」って寄ってったら完全「変なチン」と思われたのか、握手もしてくれなかった。笑 ・・・こっちからはペタペタ触ったけど。笑 いやー、Ben E King、大好きだったもーん、すごーい、すごすぎるー!最後の夜にふさわしすぎるくらいじゃーん、わぉ~~~!まだ興奮気味。

ちなみにこのBB KINGのライブハウスで今月Gregory Isaacsのライブもあったみたいで、カレンダーに乗ってた。このサイズの屋内でグレゴリーって楽しそう。小松政夫~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年3月19日 (日)

寒いのに熱くなれるNY!

P1000610P1000618 昨夜遊びまくったので初めてホテルの朝ごはんを寝過ごして逃す。急いでGospel Brunchの予約をしようと電話してみたら満席で断念。はちゃ~っ。で、そーなったら、Dim Sum(飲茶)しかない!と御一行チャイナタウンへ。腹ペコなのに歩きまくって、そこらへんの中国人に目指すレストランの名前を漢字で見せて教えてもらう。中華パワーはすごい!並んでやっとテーブルゲットした価値あり。喰らったもの何もかも、全部旨かった!中でもあさりの黒豆ソースと海老シュウマイが・・・思い出しただけでも、ん~やばかった。

P1000623 腹ごしらえの後は、歩いてLower Manhattannのブロードウェイのチケットオフィスに向かったら、日曜でクローズ。げげっ。でも、思いもよらずSea Portでお茶したりして、またまた3人でおしゃべりして爆笑の嵐。あ~楽しいのぉ。ふぃったんこ!(←すんまへん、自分だけでウケちゃうネタです。意味は言えません!)

地下鉄に乗って、Times Squareへ。チケットオフィスにて、半額で‘HAIR SPRAY’(http://www.hairsprayonbroadway.com/)のチケットをゲット。腹ごしらえしようと向かったカフェでの食べ物の量が超BIGGIE!客が残した食べ物を全部捨ててる(ま、そうするしかないけどさーー)店員を見て、胸が痛む。この世の中、腹減ってる人たちたくさんいるのによぉー。「量多すぎ!」の一言に気づかないのかな、アメリカ。なんだか全てが過剰で極端だよな。

P1000652P1000651 おっ、おっ、おっ、お~。(←サイト見てもらえれば分かるけど、この曲がすっごく良かった!)8回(だったかな?)くらいトニー賞受賞の作品。1962年のボルチモアが舞台。フツーのちょいデブの高校生(写真左で手を広げてる子)が有名になる為にテレビのダンスコンテスト番組に出て一躍有名に。でも番組裏には人種差別があってそこをネタに話が展開する。セットがとにかくPOPなのと、60年代っぽい衣装がとーってもCUTE!この女の子のお母さん役(写真右)実は、男性なんだけどこの役はこの人しかいない!ってくらいはまり役、ハイヒールで踊る姿に感動。途中の休憩時間にパンフを読んでたら、Guess what?キャ~~!!!出演してる黒人の男の子が、な、な、なんと!Tevin Campbellだった!れーこと一緒に大興奮。忘れてたよ、Tevin Campbell。こんな所で活躍してたのね。懐かしい~のぉ~、ミュージカルに出てるとは衝撃。でも本当に歌うまいね~CUTEだし!1人子役の子が(この作品でブロードウェイデビュー)沖縄生まれで、日本人と黒人のMIXだったので、またまた皆で興味津々で観た。女の子のシンデレラストーリーな所もあってか、客は女性が多かったな。会場も大盛り上がりで私も揺れまくり。安チケットだったので2階のはじっこだったけど、そのおかげで舞台の下のオーケストラの指揮者が見えて、かえって楽しかった。すごいなーNY、こんなんあちこちで毎日たくさんやってるだもんね~。パワフルだな~。

明日はオフブロードウェイを何か観たかったので、ネットで探す。でも月曜で、殆ど舞台はお休み、残念。ずっと前に見たオフブロードウェイのBLUE MANもまだロングランでやってるからまた観たかったのにな。BLUE MANサイコ~だもんな!機会がある方は絶対観たほうがいい、馬鹿になれます。笑 

ホテルに戻って明日の作戦会議。(友達二人はビールがんがん飲みながら!)二人は、明日、日本から予約済のSEX AND THE CITYのツアーに行くんだと!笑 土産話が楽しみだな。私は本屋さんに行く予定。だってジャマイカの本屋さんって、ダメダメなんだもん。あ~毎日こんなことしてたいな。アメリカ好きか嫌いかって言われたら、んー難しい!笑 だってNYってホント、特別なんだもん!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年3月18日 (土)

今日も満喫!

メリーランドのボルチモアに住むれーこの妹が旦那さん(元々沖縄の基地の病院で検死をしてた。今はボルチモアの病院で。)と赤ちゃんがマンハッタンに会いに来た。こんな所でアフロジャパニーズの赤ちゃんに会うなんて!と~ってもかわいい!れーこの妹の旦那さんも本当にまじめですっごいまめで、やっぱ持つべきものは黒い夫ですのぉ~。皆でおばば根性出しまくって、赤ちゃん交代でだっこしたり。34丁目で会ったんだけど今日は土曜で、ものすごい人ごみ、ちょっと赤ちゃんにはハードだったかな、ものすごい寒いし。れーこの妹が、ちゃんとおかーちゃんになっててびっくり。(ハーフ、あ、ダブル!の子育てについて語りあえちゃったし!)れーこー、先越されてるよ~!

夜になって昔ジャマイカに住んでた友達とれーこの友達のJFKのグランドホステスの子と皆でイーストビレッジの居酒屋でリンカップ。あ゛~皆そろってお酒のペースがすごっ!私はひたすらお食事に燃えて(お酒ダメなの、飯は好きなの。)、腹ごしらえの後はクラブ活動!・・・に向かう途中のタクシーで友達がインド人の運転手と大喧嘩。んで、釣りもらうの忘れちゃって逆にやられちゃった。ちょっとYARD臭がする!そーいう事もあるよね、DIWALI許せん!笑 いけてるクラブを探すために色々はしご。楽しい~。誰もナンパしてこないけどね・・・20代では無い事を体感。笑

ホテルに戻ったら朝3時過ぎ。でもちゃんと洗顔して即就寝。今日は一日長かった!それにしても元気だな~。笑 またまた満喫の巻~。明日はブロードウェイで何か観る予定。あー1ヶ月くらいNYにいたい!(←欲望底無し!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月17日 (金)

欲望 vs 寒さ

P1000579 St.Patrick's Dayとかいうアイルランド系の人たちのお祭りで、街は緑の服や帽子の人で溢れかえってる。こんなにいるのね、アイルランド系。JLPサポーターではありまへん。そのせいでロードブロックしてたので(デモではありません、祭り!笑)、歩いてアウトレットに向かうバスターミナルまで。青空がものすごいキレイ。寒いので皆で競歩スタイルでお尻ぶ りぶりウォーク。←変人日本人。青空を見ながら、友達が、「ソ~は青い空~」の空は、NYの空の事なんだよ。って言ってた、初耳!

P1000582アウトレット。バスの中はちょっとしたスキーバス状態な雰囲気。・・・寒かった!殺人的な寒さ。だめだね、ジャマイカで毛穴全開生活してるから、寒さが毛穴に凍みます~。このアウトレットまるで、日本の静岡御殿場のアウトレットと同じ風景でちょっとデジャブーッ!なくらい。でも品揃えと安さはすごかった!女友達とのショッピングって楽しすぎ。凍えながらも確実に買い物こなしちゃった、三十路の根性。帰りのバスは物欲を満たしたあらゆる人種が興奮しまくって、行きのおとなしさに比べると、すごい騒がしかった。人間って本当に単純な生き物なのね・・・私を筆頭に!

P1000587 アウトレットから戻って、とりあえずこの寒さを逃れるには、キムチ、チゲ鍋、ビビンバ!ってんで34丁目へ。壁に貼ってあったイ・ビョンホンのポスターの若さに興奮してから(!)、着席後は前菜に興奮しまくり、チヂミ(蛸入り)とそのタレが激うま。すんごく温まった~。琉球組のビールのペースってすごいのね、休み無く飲む、のね。ホテルに戻ってからもずーっと飲んでるんすけど、この人たち。で、今爆睡・・・うらやましい程に旅の開放感に満ち足りてる!見習わなきゃ。笑

で、毎日食欲+物欲炸裂状態ではいかん、文化的活動もせんと!せっかくNYいるんだし!ってんで、明日以降買い物では無い事に時間を使おう、と今日のアウトレットで一応ショッピングはもういいか、って気分になってる。けど、明日街歩いたらまた色々誘惑の嵐なんでしょうね、嗚呼~NYって罪深い。でもツボにがーっちり入ってくる!笑

夜一緒に遊ぶはずだった白人ラスタマン(←いつもジャマイカに来るとうちのスタジオ使ってる)が明後日ジャマイカに行くので、じゃあ、ジャマイカで来週会いましょう、ってこっちでの密会(うそ!)はキャンセルに。だって歩きすぎて足パンパンだもんよ、おばはんは。明日は、ずい分昔にジャマイカでお友達だったNY在住の友達と夜リンカップの予定。あ~積もる話もあるし再会が楽しみ。持つべきものは女友達!Girls(じゃないけどよ!)rule!(←うちの娘の口癖、パクってみた。)

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2006年3月16日 (木)

Mi deh NYC!

P1000571 現実逃避、やってきやしたNYC!寒っ!ちょうど空港で私の宿泊ホテルと近い人を見つけた(←St.Louisの警察官だった。)ので二人でリモ乗っちゃった!ガイアナ人の運転手でとっても安くしてくれた。沖縄の友達との待ち合わせの時間までかなりあったので(その上、島時間だからやっぱ待ち合わせ遅れてきた!)、1人でぶーらぶらしながら、一発目のお食事は、(計画通り!)韓国料理屋で海鮮うどん。韓国料理って席に着いたらすぐにキムチとたくあんとお茶が出てくるのが嬉しい。満足!

友達がとっておいてくれたホテルに滞在してるんだけどすっごくかわいくて感激。やるじゃん、琉球。夜は4人で(学生時代からの高校教師の親友、沖縄のJALグランドホステスの子、JFKのJALグランドホステスの子、と私)かなり島バイブスで、NYC感がまだないものの(!)、夜はイタリアンを食べて大満喫。(←しすぎて出てくる食事はじから平らげてたら写真撮るの忘れちまった。)うま~!

ホテルの周りはインド系が多いので、今日はかわいい小物やオーガニックの美容系グッズを初日なのでケチケチと買った。子供にはインドの昔話のアニメDVD。(・・・こんなNY土産で喜ぶかな??・・・母は選べない。笑)

P1000574 Empire State Buildingの前を通りかかったらすごい量のパトカー。バビロン総集結。何があったのかは知らないけど、皆写真撮ってたので私も便乗して一発。そこに自転車乗ったラスタマンが通ったので、間違えてついYardバイブスで「らーすたまーん」と声をかけてしまった。したら向こうも胸に手をあてて、「セラシアイ!」だとよ、ここどこよ!笑

私のジャマイカのおうちにはお湯が無いので(でも暑い日は水道管が温まって自然にお湯、なんだけど。)今日はホテルでお湯シャワーも満喫。お湯っていいのぉ~。笑

琉球組は長旅(那覇ー羽田ー成田ーNY、それもただチケット当てて来た!)の疲れで既に沈没爆睡。明日はWoodbury Commonのアウトレットに一時間かけて行ってみる予定。掘り出し物あるといいな~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

LUTAN FYAH!

目の前にNYっていう人参がぶらさがってなかったら今日は乗り越えられなかった。笑 久々に涙がちょちょぎれそうなくらいあちこち周っては、皆がのろまで本当逆撫で!子供のお迎えもこちらの日本人の友人にお願いして夕方まで預かってもらった、感謝感謝、謝謝。このご恩は忘れまへん!Raspect!

今日は銀行に寄って(相変わらずの!)、レーベルのプリント屋さんに寄って、ちょっと家に寄ったら!!Lutan Fyah登場~!!大好き!私(←絶対流行に流されないからね、メディア操作で売れちゃって浮かれちゃってるHypeなの大嫌い!かっこながっ)が今数少ないお気に入りアーティストの1人。来てくれたのね~。それも多忙な今日かよっ!絶対ボスしそうな彼。もう既に「ボ」くらいまでジャマイカやヨーロッパでは来てますが(私の中ではボスアウト!してる。笑)、日本ではどうなんでしょう・・・知りません。すいません。とにかく!ラスタDJでボスすると調子に乗ってだみ声部分を、やたら強調してしつこくやる人が多いけど、彼はメロディーラインとそのだみ声のバランスがすーんごくいい感じ+歌詞が作品ごとにちゃんと一つ一つ違うメッセージが入ってること。毎回毎回同じネタ、言い回しの人結構多くて聞いてて飽きちゃうけど、彼の歌詞には自分のReasoningが入っていて聞いても聞いても新鮮。で・・・見かけもグー!笑 ジャマイカでは相当美形ラスタマンだな、フォトジェニックなお顔立ち。得意のちら見でじっと見しちゃった。自信のある男は、時に少年になることを恐れない!?写真撮るよ、って言ったらぶらんこへ直行。笑

P1000559P1000556_1  そしてレコーディングもとーっても良かった。彼もトラックをすっごく気に入ってくれた。ちなみに、再来週くらいに1曲彼のチューンをうちからリリースするのでまたそん時は書きます。興味のある方よろしく。笑

レコーディングが終わったらIRIE FMからLutanに電話があって、今からEllis Kellyの番組で彼女と電話越しにインタビューを受けて欲しいって依頼があったみたいで、急遽うちで生ラジオ。笑 ラジオから聞こえる声と目の前で話す声が重なって不思議な感じ。Ellisにも美形ですね、って言われてた、やはり分かるEmpressには分かるのね!笑

P1000555 Ellisは彼のWoman of Disciplineってチューンがお気に入りだそうで、ちなみに私はJosie Mel(←この人もいい!)とコンビネーションのRasta still de bout大好きです。何回聞いても楽しくなる!

写真はLutanがインタビューに答えてて皆、物音立てないようにしてるのに、携帯は鳴りまくって、その度に皆切ってる。電源切らんの?笑

               

P1000568_1P1000569P1000565Alpancho、Culture T、るーたん。
この後すぐ、Lutanは空港に直で行っちゃった。ロンドンとパリでショーだそう。  私は買い付けにまた出かけ、子供も連れて遅くまで買い付け、腰が~~!!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年3月14日 (火)

Cool Wise Men

Cwm_unity1Cool Wise Men(http://www.orglory.com/label/)という日本のバンドをご存知でしょうか。SKA、ROCK STEADY、REGGAE、時にはJAZZYな雰囲気まで漂っちゃって、とぉーっても確かにCOOOOOL!なのです。昨年、友人のFLY-T(http://www.fly-t.com/)を通して、このバンドの作品と出会い、お手伝いさせていただいたので今日はこのアルバムをご紹介させていただきやす!Check it!

昨年5月にリリースされたこのアルバム収録曲のうち、Dillinger、King Stitt、カルカヤマコト、の濃~い3人(!)をジャマイカでレコーディングし、その後7インチもジャマイカで製作。(上記のリンクで音聞けます。)

次回リリース予定のアルバムの見本が先週送られてきたんですが、これもまたすっごくパワフル。熱い!ホーンがめちゃくちゃすごっ!最近毎日聴いてるんだけど、うちに来るアーティストやプロデューサーたちに、自慢げに「これ日本人のバンドなのよ。」と言うと、皆、口をそろえて、Wicked!Caan believe!を連発。と同時に、遠く日本でジャマイカの音楽を愛してこれだけ真摯に取り組んで形にしている人たちがいるなんて、その熱意にリスペクト!とYardieからは感嘆の声の嵐。ほんと、最近のジャマイカのレゲエはちゃんとミュージシャンが集まって一緒に一つの「作品」を作る事が少なくなっていて、それに飽き飽きしてる人たちもかなり多い。楽器って言葉がいらない、だから国境も人種もぜーんぶ通り越してストレートに入ってくる。そこがとってもパワフルだなーと思って、今彼らの次回作を聴きながら、これからの彼らに、遠くジャマイカから期待でいっぱいになってます。Big up!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年3月13日 (月)

Long Day

朝子供を学校に送ってったら(スティクリの)Clevieさんもちょうど娘さんを学校に送りに来たところで、「お願いがあるんだけど、今、日本人の歌手の曲やっててハーモニー入れたいんだけど歌詞が日本語で聞き取れないから書き起こして。」って頼まれて、午後スタジオに寄る約束をした。

P1000531

右、Steely、左、Clevie@Studio2000。
その日本語のフレーズが入った曲は、とーってもきれいな歌声を持つ有名なレゲエシンガーの方の作品だった。で、彼らもさすが耳がいいから結構ホンモノの歌詞に近く聞き取れてたけど、「スバ~ラシイ」の部分が、「ソバ~ダシ~」(蕎麦出汁!)って聞こえてたみたいで、「今日来といて良かったー。」と思った!

彼らにとってスタジオは本当に「仕事」。毎日スタジオに出勤して(水筒持って!)、色んな作品に取り組んで行く。私が今日スタジオに入った時、ボブのSlave driverをかけながらSteelyがキーボードで色々音を探しては弾いたりしてるのを見てたら、なんかミュージシャンっていう言葉よりも「音職人」って感じがピッタリだった。音を本当に自在に、ポップに操って、感じてる、もー蕎麦出汁、ん?素晴らしい!ClevieがSteelyに「彩とは子供同士が親友でね。」って紹介してた・・・10年レコードも買ってるじゃんよぉ!笑

学生時代の親友(Mi sis 4eva!高校英語教師。←今、日本の教育が危ない!)が今度の木曜に、沖縄からNYに来る!やっほ~っいっ、かけつけるっ!私が日本に里帰りしても、彼女は沖縄だから会えない時もある。(でも結構かけつけてくれる。色んな他の用事織り交ぜながら!)今回は久々だからさー、でーじ会うの楽しみさー。(←合ってるかしらないけど琉球風に。)

P1000518_1 で、チケットを買いにアメリカン航空のオフィスへ。ジャマイカの飛行機では必ずアーティストを見かけるけど、今日はチケットオフィスも。Ken BoothとStone LoveのGeefus。想像したこと無かったツーショットだな!頼んでないのにGeefusが、撮ってやるって言って、健さん、あ、Kenさんとツーショットで撮ってもらったら、肌の色が全然違うのに、なぜかすんごい「親子」っぽかったです、私たち。おと~ちゃ~ん。お二人とも週末はアメリカでショー、ダンスだそうです。この二人の後ろのカウンターにもTootsの息子のベーシストもショーに出るためにチケット買いに来てた。なんか空港でまた会いそうだな~。Kenさんは9月に来日予定だそうです。

カメラの中の今までブログにのっけた写真をGeefusに見せてたら、「今日のKen Boothとのツーショット写真と一緒に、この道路の穴とバス画像CDに落として、StoneLoveに持ってきて。」ってまた思わぬところで宿題課された。なんで自分の国の道路の穴画像欲しいんだよーー・・・摩訶不思議。

P1000523_1P1000526   それからDOWN TOWNへ。今日はARROWS(画像左)へ、スタンパー(レコードの型)を発注に。次にRocker'sでレコードを拾って帰宅。DOWN TOWN殺人的に暑い。               

P1000528

P1000529 今日信号で止まったらあった制服屋さん。お昼食べたテラスで残飯つつく鳥。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006年3月12日 (日)

歴史マン

P1000511 ゆったりおうち日曜日。レコード子供にかけてもらいながら、私はピザとチョコレートケーキ焼いて(失敗して子供すら食べてくれない・・・。)、イアンが豆乳とフルーツのシェーク(ぶどう、マンゴ、りんご、ライム、うまっ!)と野菜とお豆のスープ(画像)を作って、踊りまくりの食いまくり~。このスープがむっちゃくちゃ美味しかったんだけど・・・画像ちょっとまずそう!?もっとトロピカルな器に入れないとなんかまずそうに写ったな。でもホンモノは激うまでした。お豆3種類、オクラ、人参、かぼちゃ、ねぎ、カラルー、大蒜、タイム、スピナーズ(ダンプリンの小さくて細いバージョン)、イエローヤム、じゃが芋の入ったココナッツミルクを使って作ったスープ。病み付き!P1000499

日中一番あっつ~い時間にHistory man参上。日本語に訳してって頼まれてた彼の曲の歌詞が書かれた紙を届けに来た。いつも上下きまってる!で、それが結構すんごい量の歌詞だったので今本気でまじかよ、って気分・・・だけど彼、とってもクールマンだからやってあげるしかないな。Bob Marley Storyっていう曲でボブの生涯の歴史を追った歌(!)なんだけど、他にイタリア語、フランス語、スペイン語でもチャレンジするそうで、日本語もそのうちの一つとして。でも実際、日本語しゃべれない人がダブポエットっぽいものを日本語で乗せるって不可能に近いんじゃないかと思って、「日本語でそれを歌うって相当大変だと思うんだけど?」って言ってみたら、「そうかな?そしたら、しょうがない。その時は彩が歌うしかないね。」って、私がボブマーリーの歴史をダブポエットっぽく日本語で歌うなんて状況あり得ないから!Jah Know!笑 今週末はニューヨークで、Little JohnとEdi Fitzroyと一緒にショーに出るそう。ちなみに、うちの家の各窓に付いてる「雨よけ屋根」は、彼の作品!カラーサンプル持って来て注文取りから実際の取り付けまで全てやってくれた。ちょっと驚いた!(ハリケーンの時は折りたためる用の屋根だったし!笑)職人で歴史家とはね~!

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2006年3月11日 (土)

値段交渉

P1000476_1 土曜日!なのに、今日は補習校。朝からなんちゃって先生やって、終わったら一気に脱力。友達と娘たちと寄り道して、寄り道先のカフェで子供たちと補習校の宿題をやる。いや~、普段パトワ一筋の子供たちにとっては、「漢字を学ぶ」なんてさぞ大変なことだろーなー、お察ししやす。が、容赦しないよん。

庭先にハミングバードが!見えるかな。アロエのお花の蜜を吸いに。

夜になって、サイドビジネス庭師DJ a.k.a.サイドマン a.k.a.ジャミネマンが日本語バージョンのボイスに来た。かたおもかたおもかたおもかった~。途中でHopeton Jamesがpass thru。うちに寄る前にExodusスタジオで、日本人サウンドボーイにダブを数曲録って来たそうで、「なんで日本人はあんな値切るの?Dem nuh easy!」だそうです。ダブの値段交渉って、高く払いすぎるとアーティストが一気に調子に乗って値段吊り上げるし、値切りすぎても「ばかにしてんのか!」って怒るアーティストもいるし、塩梅が難しいのぅ。だから私はあんまりやんない。頭の血管が切れそうになったことあるし。殺意覚えた事あるし。笑 で、ダブ業やられてる在ジャマ日本人の方、ホントにリスペクト。で、録ってもらったサウンドボーイ、本当にリスペクトするべし!

値段交渉といえば、ついでに。・・・何でも値切ればいいってもんじゃないと思う。なぜかジャマイカに来る日本人の中には、どこまでも安く交渉して安く済む事こそ旅の醍醐味(かは知らないけど、)美学、みたいに思ってる人もいるみたいで、醜い程に「お金無い!」連発してる事も多い。一度空港で友達を待ってたら、ティピカルなダンサー系ジャパニーズギャルが4人出てきて、やたら声かけるタクシーのおっちゃんの1人と交渉に入った。でもずっとキャーキャーもめてて(もめてる事も楽しんでる感じ!うっきうき。旅の始まりの1ページくらいに思ってんのかー?)、ついにドライバーが「おい、ミスチン、カミヤ!(come here!)」ってやっぱ私が呼ばれちゃって、その場でドライバーvsギャルの交渉の訳の役。だいたい空港からキングストンへ行くのは一定料金なのに、それでもおっちゃんは譲って値段落としてるのに、ギャルたちは日本円にしたら500円くらいの事を譲らない。はっきり言っておっさんもだんだんおもろくなくなって来てるのも分かる。おっさんだって、家族あるだろうしね、仕事だしねー。で、もう私関係ないし、「おい、4人で割ったら100円ちょっとの事で、もうがたがたいいじゃんかよー。地下鉄一駅分だよ?4人でこの荷物全部積んで、座席も目いっぱい使うんだから、早く乗ってキングストンに行け!」ってのを穏やかに言ったけど、イマイチ、「ふむ?ふむむ?」みたいな顔されて気持ち逆撫でだった!「あ、あと、交渉仲介料いただきます。」って私が最後言うべきだったな!?笑

P1000073_1 Orange St.のROCKER'S INTERNATIONALの店内写真、どーんっ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年3月10日 (金)

Bus a turn.

P1000493 こんな狭い道に、連結のバス・・・。この前このデカ長バスが曲がりきれなくて、道の真ん中で固まってるの見た!これは、Black Roots(Youth Promotion)へ向かう時に曲がる道。最近ものすごい風の強さ。そういえばもうすぐ、4月は、ジャマイカでは凧上げの季節だ!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年3月 9日 (木)

Pass thru!

P1000496_1 夕方になってスタジオにアーティストが数人pass thru。 一番右、Iyashanti(StarTrailで以前よくチューン出してたな確か。)、その次Mark Wonder(歌声好き!)、Alpancho、名前忘れちゃった君、Ricky Chaplin(Charlieの弟です)。

いやー実はこの人たち今朝の5時までうちの裏庭にいたんだよね~。笑(私は寝たけど。) こんなにたくさんで来たらボイスするのに時間かかるって分かんないのかね?大勢で動くの好きだよね、ジャマイカ男。1人がボイスする間に待ってる皆の裏庭トークがおもしろくって笑い皺増えたかも今日。彼らはヨーロッパで結構人気があるので、ツアーにもたくさん出かけてる。各国からの色んな土産ネタトークが炸裂。白夜体験とか、イタリアのコース料理についてとか、ジュネーブの山でのサイクリング、とかこの画像からは想像できんくらいの欧州体験!笑
1人が、「ヨーロッパほど退屈な所は無いよ、だって朝起きて電車乗って仕事して電車乗って食ってしゃべって酔っ払って寝て、また次の日、なんだよ!!?そんなの想像つく?」っていってたけど、それって別にヨーロッパじゃなくてもどの国でも普通のサラリーマンの生活なんすけど・・・。

差し入れにクラッカーとピーナッツバターとオレンジジュースを買ってきて出した。ピーナッツバターって普段使いきれない部類のものだと思ってたのに、今日の皆さんは一晩で一瓶完食、すげ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 8日 (水)

お待ちください。

今日は出荷だってのに、銀行に寄ったらいつものことながら、やたらおっそーい!笑っちゃうくらい遅い。笑 何百回行っても慣れないなー、銀行の遅さには。ジャマイカは、サービス一環して「早くやる」っていう美学って無いんだろうからしょーがないかっ、と思うといつも納得しちゃいそうになる。っていうか、「早くやる」どころか、「手伝ったる!」くらいに思ってる態度な事も多々。んーなっとらん!これでも全然良くなったって言われればそれはそうだけど、 とりあえず「客応対マニュアル」ってものが存在しないから、何かトラブるとすぐ隣の同僚に話しかけ相談→話し合う→もう1人同僚が通りかかる→その子がなぜか「Everything OK?」とか話しかける→またトラブルを全部1から説明する→話し合う→その間私はずーっと一時停止!!時間がどーんどん経っていく。怒!!で、オチは→でも全然何にも解決してない。とか。→いつの間にか他の話題で盛り上がってやがる、って時もあるしね。(あーその爪の色いいねー!とか従業員同士話してたりすることも。おーい、お仕事中ですよー。)諦めの境地~。ジャマイカ生活10年うち5年くらいは「何かに待たされてる」ことに使ってたかも!とか考えちゃうことあって、ぞっとする時々。笑

この銀行去年まで、客は全員立たされて列を作って待たされてた。ある日、あーんまりに遅い(っていうか列がぜーんぜん先に進まない)ので、私も周り列に並んでる人たちも文句たらたら、文句で盛り上がりまくり。で、ちょうど従業員が通り過ぎたので、私大和魂に燃えて(嘘!)、「さっきから列がちっとも動かないじゃんよ。あのね日本ではね、銀行はね、整理番号取って、イスに座って呼ばれるまで雑誌読んで待つのよ。何年通ってもここにただ立って待つ客を見て、ここのマネージャーは「座って待ってもらおう」とか考えないのかしら??客を邪険に扱うと、そのうち皆他の銀行使うようになるわよ。Serious matterよ!ムキ~!」って言ったら(ムキ~!は言ってないけど。)、その1ヵ月後に・・・なんと!整理番号を取るマシーンと電光掲示板と新聞とイスが用意されたのです!!笑 かわいいな、ジャマイカ人。どこまでもまっすぐっちゅーか天然だなーーー、笑。・・・で、相変わらず遅いしね。座って待つようになっただけで!あ゛ー。

P1000491_1 今日、スタ1にて、Lone RangerとCarlton Livingston。(http://www.carltonlivingston.ipowa.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 7日 (火)

和風YARDIE

P1000481 こんな穴だらけの道を走って外回りの日。(運転しながら撮った!)

今日1軒目は「片付けられない男」のレコ屋。ここに行くとペンは無いし、オーダーは失くすし、レシートブックは無駄なものに埋もれて見つからないし、レコ屋に一切関係ない物が転がってるし、レコードスリーブ(外の紙)も新品のレコードとは思えないくらいホコリだらけで手も真っ黒になる!でも字はちゃんと書けるし(これ重要!)、計算は速いので、まー許したるけど。その上、今日はミスジャパンに出た事ある?とか嬉しい事言ってくれるので、もちろん、とお答えしてホコリまみれながら上機嫌。あー単純な私。

2軒目のレコ屋では、パトワがものすごい大げさな白人が入ってきた。「どこに輸出してんの?」と聞かれて、ドイツ、SOUNDQUAKEって言ったら、その人、ドイツ人だった。彼はレコードショップをやっていて、時々来てはキングストンのレコード屋から曲をかき集めて売ってるそう。「あー、君の買い付け先がドイツじゃなかったら遠慮なくお願いできるんだけどやっぱだめだよね~?」って。(←この言い方すっごくドイツ人ぽい。イタリア人は絶対こんな婉曲表現は知らんと思う。)って言うので、「フランスに引っ越してよ、そしたらやるから。」って言ったら「Reasonの仕方があまりにYardieだ、ちょと君には気をつけよう。」って言われちゃった。気をつけてください。笑 レコード配給は個人で配達でやってるプロデューサーもたっくさんいる。彼が探してるプロデューサーの電話番号聞かれたので、「家に電話かければ番号分かるよ、私のケータイ残高無いからその電話貸して。」って言って彼のケータイで電話かけて調べてあげたら、またまた彼完全びびってました。・・・気をつけてください。(あ、でも本当に残高無かったの!・・・そこで嘘つく程、私もケチではありまへん。)

P1000488_2 今日も美味しいあのお魚と安いクラッカーのお昼~。おくらときゅうり最高~。今日はスープおまけじゃなかったけどー。

今日はピアノの調律師が一年経ちましたよーって来てくれた。音のハリもトーンも良くなって復活。ジャマイカってこういう意外な所でとってもちゃんとしてて、未だに動きが読めない時がある!まだまだ学習の余地有。笑 LUV!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 5日 (日)

Reggae Beach

P1000394P1000390_1 昨日のつづき。ネグリルを諦めてオチョリオスへ。山を越え~谷を越え~、ビーチへ。久々にReggae Beachへ。お天気最高。オチに住むイタリア人の友達とビーチで待ち合わせ。 

人出もそう多くないし、ビーチサイドでだらりんこ~。システムからゆったりな今日に合ういいチョイスで音が鳴ってて、その横には子供用トランポリンもある。私は、この前大使館の書庫から借りた本を読みながら、少し居眠りしちゃって、日本社会復帰不可能ダメダメ人間のできあがり~。少し泳いだ後、子供たち6人と一緒に砂浜を歩いてたら、ヤドカリがたくさんいた。家に持って帰ろうとビンに入れて砂を少し持ち帰る。

P1000404P1000401_1P1000443_2ヒューちゃん(夫)が踊りまくり、腹出しまくり、の図。ビーチの後友達の家でピザをごちそうになって、帰ろうと思って車に戻ったらさっきのヤドカリが・・・OH、NO!(←Red Rat風にね。)全員貝から出ててものすごいグロテスク。そして車には生臭い匂いが充満しまくってて卒倒しそうになる。げげげ。あんな小さい物体が車内全てをあんなくっさい匂いで覆っちゃうってどーいうこと?生物の神秘に鼻で触れた、参った。即、放しておさらばしたのに、匂いはキングストンまでずーっとついてきた。やられたー。ヤドカリごめんよ、2度とお持ち帰りはしませんよぉー参りましたー。

このReggae Beachもまたスペイン系のホテル会社に最近買い取られたらしい。もうオチョリオスで行けるまともなビーチが一つも無くなっちゃう。近々ここも大きな壁を道路沿いとの間に作って、でっかいホテル建てて、汚水出しまくって、プライベートビーチにして一切ローカルの人は入れなくなる。こーやって、今ジャマイカはほんのちょっと前よりももっともっとすごい速さで観光業活性の名目でどこもかしこも売り飛ばし、大きな塀を作って、地元の人と何の関わりも持たず、まるで違う作られた「パラダイス」なホテルを建てまくってる。北海岸のある場所ではついこの間、マングローブの森を全部切り倒して、その湿地をコンクリートで埋めて、客室数2000とかいうホテルを建ててるらしい。このままだと近い将来、田舎の道を走ってていても私たちは塀の横を走ってるだけでビーチが一切見えない状態になってしまう。金儲けしてるビッグマンが必ず背景にいるわけだから、そこに終わりがある訳が無いと思うと更に恐ろしい気持ちになる。そしてお金なんかの為にこんな豊かな自然が犠牲になって行くのがすんごく寂しい、胸が痛い。

P1000464_1

P1000470 帰路につく途中、果物屋さんで、さとうきびをゲット。残念今日はグローシー無かった。行きに見かけたときに買っとけば良かった。ジャマイカはもうすぐマンゴの季節に突入、楽しみ~。luv!                                                                                                                                                                          

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 4日 (土)

Spring Break

今朝は早起きして、ネグリルに行くぞよー!と、早速、宿に電話をかけて、予約しようと思ったと同時に、あ、今ってSpring Breakシーズンだった!って気づいて、即取りつけたばかりの予約をキャンセルすることにした。ネグリルはキングストンから車で4時間半位、島の最西端にあって、11kmに渡る白浜と海に落ちる夕日がとぉ~ってもロマンチックなところ。

で、Spring Breakとは!主にアメリカ(一部カナダも)から大学生が毎年2月の終わりから1ヶ月位の間に入れ替わり立ち代り、卒業旅行の名の下、どどど~っとネグリルに押し寄せる。で、キレーなビーチを背に夜な夜な、飲みまくり、酔いまくり、吸いまくり、踊りまくり、暴れまくり、乱れまくり、パーティーしまくる。おーおーよーよーちょっと、「若さゆえ」だけで許されることじゃないんじゃー?と思わされる位の醜態。ザ・旅の恥はかき捨て完全版。地元の人たちとの温度差120%。私がいつもネグリルで行く宿に飾ってある絵は全部壁に直接うち付けられてる。でないと、Spring Breakのガキが酔っ払って投げて壊してしまうから。宿のテレビはこのシーズンの間は部屋から撤収する。彼らが絶対に壊すから。(テレビ取り上げ!って!)友人にネグリルで観光業を10年位やってた子がいるけど、彼女から聞く「Spring Breakストーリー」はおぞましい限り、聞くだけでも吐き気がする!海の水はこの時期、一気に汚れるので彼女はこの時期とその直後、絶対にネグリルの海で泳がない。海に想像できる限りの全ての物が浮いてるからね。あーホント、胸が痛い。

それでも去年あたりくらいからちょっと騒ぎが一時期より治まったな、って感じがしてたので今日の予約のとき宿のおばちゃんとの電話で、「で、今年の彼らのBEHAVIOURはどうですかー?」って聞いたら、「うん、彼らも少し洗練されてきて少しだけど前よりはクールダウンしてる。」だって。笑 おばちゃん、渋い観察力ね。ふむ、本当だといいな。やっぱ今時代はルーツな流れに気づき始めたんかしらね~。

ま、この大騒ぎは卒業旅行客だけのせいではなく、私は充分受け入れ側のジャマイカの態度にもあると思う。もちろん毎年これだけの人が押し寄せるんだから大きな収入源だろうし稼げるだけ稼ぎ出したいのは、分かる。でもその金儲け根性があまりに丸出しで嫌気が差す。アルコール会社はジャマイカに到着したばかりの学生に空港でビールまで配ってパーティーバイブスをまずあおる。パーティーのプロモーターはローカルではあり得ないスケベな企画を学生相手に立てまくってまたまたあおる。文化的にジャマイカをレペゼンすること一切無し、ひたすら祭りの煽り役。

文化、習慣の違う異国にわざわざ来たんだから、「ちょいとおじゃまします」みたいなくらいの気持ちでいる方が本当はずっと楽しめると思う。土地の人たちと話したり、土地のものを食べたり、せっかくだからゆったりとネグリルの雰囲気を味わってほしい。

あ、Spring Breakのことだけでこんな長くなってた。とりあえずあと4週間くらいはネグリルには行けない。ので、今日はオチョリオスの海に行ってきた。つづく~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 3日 (金)

タイプで目がショボショボ!

3月3日大安、ひな祭り。耳の日!ピアノの上に飾ったお雛様の前で、子供たちが朝一でひな祭りの歌を大合唱、で起こされる。昨夜は‘Off The Map'っていうアメリカ映画を夜遅くまで観てしまった。ニューメキシコでラスタ的(ヒッピー的)自給自足的生活をする家族の話なんだけど、キャスティングが最高良かった。アメリカの子役って何か逆にこの先が心配になるくらい子供のうちから本当に演技がうまい。大きくなった姿にちゃんと似てる子選んでるし。内容は違うんだけど、私が大好きなギルバートグレープって映画を少し彷彿させるものがあったな。あれのジョニーデップかっけーな、渋すぎ。

今日は出荷。ぎりぎりまで大量オーダーしてあるレコードのプロデューサーがなかなか配達に現れなくて、梱包もなかなか出来なくて、いつもの事ながらイライラ~。来たら思いっきりきっつく言ってやろうと思ってたのに、現れた途端にそいつのあまりに大げさな言い訳と自己弁護の嵐でその勢いに負けて、ま、レコゲットしたし、いっか、と諦めた。先手打たれました。笑

出荷後、金曜日!と思って力が抜けた所に、近所に住む義姉から電話が来て、レポートのタイピングを手伝って、だって。げげげ。外人の私に頼む、フツー?と思いながらも承諾しちゃったら、もうすっごい大量のレポート持ってきちゃった。むむむ。こ、こんなはずでは・・・!彼女は元々高校の科学の先生で、二人子供(16歳と13歳)がいて、今は日中、西インド大学に通って更にレベルアップした教師になるために日々学問漬け。大量のレポートをタイピングしてみて分かったけど、ジャマイカの子供たちも皆、理科離れしているらしい。そして、いかに白人の科学者だけでなく、幅広く活躍してる多くの黒人の科学者を子供たちに印象付け、教えていくことが大事か、という内容だった。こういう風に草の根的に黒人の子供たちの将来を思って意識を高めようとしてる調査や研究ってあるのね、ちょっとでもそれを知れて今日は良かった。

P1000368日本語補習校でも使うし、と思ってホワイトボードを大型スーパーで購入。子供たちが大喜び。早速色々書いたり消したり。長女は「SISTER LEAF」というお話を書いてくれた。姉妹の顔が確かに葉っぱ。 P1000375
右は、妖怪の絵。体中についてるイボイボがまじ気持ち悪くてちょっと本気でびびった。

金曜日だから今夜は4方面くらい違うところから違った音楽が聞こえる。Super Cat、Johnny Legend、Beres、Elephantの声が大気の中で混ざり合ってる~!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 2日 (木)

フルーツバスケット

P1000355_1昨夜オチョリオスにレコーディングに出かけてったヒューちゃん(夫)が大雨で戻って来れなくなったので、今朝早く田舎からたくさんのフルーツを抱えて帰宅。今日はフルーツ三昧。このかぼちゃみたいに大きいの、パパイヤです。巨大。今ジャマイカのスーパーで売られてるパパイヤって元々のジャマイカのパパイヤとは違う種類で、昔はこのどでかいパパイヤこそがP1000383オリジナルだったそう。めったに出会えなくなったこのパパイヤ、早速メロンのように切って、中のちょっとグロい蛙の卵みたいな種を取って、口に入れると濃厚なトロピカルな匂いと甘さが大炸裂、うんま~!

その横のバナナは、知る人ぞ知るグロースミッシェル。ジャマイカには本当に色んな種類のバナナがあるけど(マンゴもね)、私はこの種しか食べません!断固!断言!(バナナごときで熱くなりすぎか・・・) 田舎を車で走っててバナナが目に付くと、もうそれだけでグローシー(こう呼ぶ)かどうか区別がつくようになったくらい、もうグローシー中毒、グローシーマニア。このバナナは緑から黄色に変わった熟れ始めすぐが一番美味しい。周りが甘ーくなってるのに、芯の辺りだけまだ酸っぱい感じが残っててやめられない、止まらない、グロースミッシェル!(あ、今思いついたのに、ちゃんと「かっぱえびせん」と語呂が合うじゃん、やった!)ちなみに、グローシー以外にも色々な種類のバナナがあるけど、中にはチャイニバナナっていうのもあって、それは本当にバナナが短い。・・・分かります?なぜチャイニか?・・・失礼よね、ジャマイカ人って。怒り狂えジャパニーズ男児!証明してやれ、ジャパニーズ男児!名称変更運動開始!笑

P1000366 一番上の画像にパパとグローシーと一緒に写ってるアキ。早速夫がココナッツミルクと赤豆とレンズ豆のご飯を炊いてくれて、アキと一緒に夕飯にした。ライスアンドピーズってブラウンライスで作ると歯ごたえがあって、柔らかいアキとバランスが良い!うまうま、完食~。

夜、子供たちと近くにアイスクリームを食べに行ったら、すんごい遠くから知らないおっちゃんが、「OH~ビューティフル!僕のビューティフルオレンジ、マンゴ、ライム、パパイヤ~、君は僕のフルーツバスケット~」(褒めてんの?)って大声で言ってくるので、「DJ並みにリリカルですね」って褒めてあげたら、「うふふ」って正直に喜んでたわ、おっちゃん。でも、その直後、「ねえ、輪ゴムあったらちょうだい。」って、何なのそれ~!持ってたからあげちゃったよ、「フルーツバスケット」って褒められたし!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 1日 (水)

ライムキー

P1000354 週の真ん中水曜日、今日は休日!ばっちり遅起きしたら、起き抜けにフランス人の友達(旦那さんがTHCっていうレーベルやってて、TurbulanceのNortoriousを去年バスした)から電話が来て、ライムキーのビーチへお誘い。今日は家がぐっちゃぐちゃなんだけどな~、でも、ぐちぐち言いながら片付けるよりも、忘れて逃げる方が断然いいに決まってる!ビーチ日和!と決め付け、即ビーチ行き決定、即現実逃避決定!日本人のお友達と娘さんもお誘いして出かけた。

快晴!このビーチは、実は離れ小島、普段は無人島。ポートロイヤルという近くの港に車を置いて、そこからボートに乗って15分くらいで着く。ボートライドはかなり天然スプラッシュマウンテンなノリで、水しぶきかぶりまくり、塩水目に沁みまくり。島に着く頃にはびっしょりになってた。今日は休日だけに無人島と思えない人出で、ボートはちょっとした難民ボート並みの混雑。客は皆オレンジの救命ベストを着るんだけど、ボート運転手のお手伝いの男の子(画像)はちょんっとボートの先に腰掛けて、余裕で水の様子を読んでてすっごくかっこよかった。大きな波に乗って水がしぶきをあげること、遠くを見てる彼にはとっくに前から分かってるみたいで、私たちが水を浴びると、「ほらね。」って感じで嬉しそうに濡れて騒ぐ客を見てほくそ笑んでる。かわいい!!私この子みたいなこういう東アフリカ系の顔すっごく好みなのよね~、キレイ。(5枚くらい連続で彼の写真撮っちゃって、私少しマニアックな感じだったろーなー、ついおばはん夢中だったから気づかなかったけど・・・今思えば。)

お誘いした日本人のお友達が赤ワイン持参してくれて、近くに泊まってるクルーザーから流れるルーツミュージックをBGMに木陰で優雅に酔っ払い~。やっぱフランス人ってワイン、水みたいに飲めるのね、感心。美味しい揚げ魚も食べて、少し泳いで、頭空っぽ~な休日、最高。

(今日は島の様子とかも色々写真に撮ったのになぜか画素が全部重くてここにUPできなかった、残念無念、とほほ。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »